商品検索
image
現在地 HOME > 育毛商品の選び方と使い方
育毛商品の選び方と使い方
商品選びと使い方は重要
育毛ケアをしていく上で商品の選び方はとても重要です。
というのは頭皮の状態に合わない商品を選んでしまうと、効果が出ないばかりか悪化してしまうこともあるからです。

1日も早く薄毛を改善するためにも、適切な商品を選んでケアしていきましょう。

また、商品だけでなく適切な使い方も重要です。
当店ではより適切な商品の使い方を指導しております。
はじめてケアをされる方は育毛相談フォームよりご相談下さい。

1.頭皮が弱っている方・育毛剤を使っても生えない方・レストルエコシャンプー:従来の低刺激性頭皮用シャンプーよりもさらに刺激を抑えた頭皮用シャンプー。

・レストルケアローションK:頭皮に炎症やうっ血がある場合の頭皮用ローション。育毛剤がつかえない段階でも使えます。

・レストルセリピッド:頭皮用のオイル。
頭皮が弱っている場合、このセリピッドで頭皮を保護したり、必要なものを補ったり、頭皮のバリア機能を高めていきます。
(頭皮が臭い場合はセリピッド2をお使い下さい)

※頭皮がよくなってきたら、レストルエッセンスを加えて手当てしていきます。

ケアの方法:
・ケアローションKを頭皮に浸透させます。
・シャンプーの前に頭皮料を頭皮に塗ります。
・レストルエコシャンプーで頭皮を洗います。
(基本は2度洗いですが、高齢者や頭皮の弱りがひどい場合は1回)
・シャンプー後、頭皮料をつけます。
・冷え性の方は必ず髪を乾かして下さい。

頭皮がよくなった後は、育毛剤を加えますが、状態によって使う育毛剤が異なってきます。
詳しくは育毛相談窓口にお問い合わせ下さい。

2.薄毛を予防したい方
・レストルケアシャンプーのみ:頭皮にダメージを与えないよう処方されています。

これから薄毛になる心配がある方はこのシャンプーで頭皮に負担をかけないようにしましょう。
その他、リンス、トリートメントをお使いの方はマトリックスローションをオススメします。

3.初期の薄毛の方
・レストルケアシャンプー:頭皮にダメージを与えないよう処方されています。

・レストルセリピッド:頭皮を保護し回復させていきます。
(頭皮がにおう場合はセリピッド2をお使い下さい)

※女性の方や初期の方は、これだけで改善される方がたくさんいらっしゃいます。
 手当を開始するのが早いほど、治りも早く経済的にも負担が軽く済みます。

4.頭皮の炎症がひどい方・汗っかき・のぼせ
・レストルエコシャンプー:従来の低刺激性頭皮用シャンプーよりもさらに刺激を抑えた頭皮用シャンプー。

・レストルケアローションK:頭皮に炎症やうっ血がある場合の頭皮用ローション。育毛剤がつかえない段階でも使えます。

※頭皮がよくなってきたら、レストルセリピッドとエッセンスを加えて手当てしていきます。

ケアの方法:
・シャンプーの前にケアローションKを頭皮に塗ります。
・レストルエコシャンプーで頭皮を洗います。
・シャンプー後、また頭皮ケアローションKをつけます。
(頭皮がよくなった後は、セリピッドとエッセンスに替えて下さい。)
・冷え性の方は必ず髪を乾かして下さい。

5.ひたいの後退、M型脱毛症
レストルシャンプー:頭皮にダメージを与えないよう処方されており育毛効果も加えています。

レストルセリピッド:頭皮回復用。

スカルプケアエッセンス1~5のいずれか:
ひたい・M型に特化した育毛剤。レストルエッセンスより強力。
症状によって使う品番が異なります。
使う品番については育毛相談窓口にお問い合わせ下さい。

7.円形脱毛症
カウンセリングが必要です。
相談フォームよりご相談下さい。

手当をする上で
手当をはじめて6ヶ月になる頃、進行度によっては、頭皮がやっと回復したくらいの時期です。

きちんとケアをしていれば写真で拡大判定してみれば、効果は見られるような時です。
頭皮をよ~く調べてみましょう。
変化があるはずです。

6ヶ月といえば、「これから生えてくる毛」がやっといい毛になる時期でもあります。
根気よく続けましょう。

※頭皮が回復された方、異常がなくなった方は、この頃から育毛剤(エッセンス)を加えて手当されるとよいでしょう。
頭皮があともう少しという方はもうしばらくシャンプーとセリピッドで続けてみて下さい。

※状態に適した効果的なケアの方法をより詳しく知りたい方は、育毛相談フォームよりご相談下さい。

育毛相談窓口

TEL:06-6147-3655
image